掃除

トイレをピカピカにするための掃除方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋式トイレ

男の子がいる家庭だと、トイレはとても汚れやすいですよね。女性だけの家庭よりも、男性がいる家庭の場合は便器だけでなく、床や壁にまで尿が飛ぶので、掃除もしっかりやらなければいけません。

時間の経った尿は悪臭を放ちますよね。そうなる前に、少なくとも1週間に1回は掃除するようにしたいものです。

スポンサーリンク

トイレの掃除をする場合も、他の場所を掃除するように、アクリルたわしや雑巾などを使っても良いのですが、トイレの場合、人によっては、生理的に、掃除用具は使い捨てたい、と思っている人が多いようです。

使い捨てのトイレ用クリーナー(トイレクイックルなど)を使用しても良いと思います。

トイレの便座には便座カバーをかけている家庭も多いと思いますが、まめに洗濯しないと菌の温床になるので、注意しましょう。

最近は節電の影響もあり、温水洗浄便座でも電源を入れずに、便座カバーをかけて便座の冷たさを感じないようにしている家庭も多いです。

でも、衛生面考えれば、本当は便座カバーは無い方が良いのです。ただ、見た目の問題や、肌触りの問題もあるので、便座カバーを使用する場合は、かならずこまめに洗濯しましょう。トイレマットも同様ですよ。

まず便器の掃除をする時には、タンクの方など、汚れが少ないところから始めます。徐々に、フタの内側や便座部分など、汚れ度合のひどいところを拭いていきます。

その際には重曹スプレーを吹きかけてから拭くと、きれいになりますよ。また、消毒用アルコールを使って拭くのもおすすめです。便器の中の汚れも、軽いものであれば、重曹できれいになります。

重曹を振りかけて、トイレブラシでこすってから流すときれいになりますよ。

ガンコな汚れがある場合には、専用のトイレ用洗剤を使います。最近はトイレ用洗剤にもいろんなタイプがあり、配合されている成分も違います。酸性のものとアルカリ性のものがあり、「混ぜるな危険」なので、目的に応じて使い分けます。

サンポールのような酸性の洗剤は、尿石や鉄分を分解するのに優れていて、ドメストのようなアルカリ性の洗剤は、漂白や除菌、防臭の効果があります。

だ、通常の使用でそこまで尿石が溜まるようなこともないと思いますので、普段はアルカリ性の洗剤、どうしてもアルカリ性洗剤で落ちない汚れがあった場合は酸性の洗剤、というふうに使い分けてみてはいかがでしょうか。

それから、床や壁も拭いていきます。こちらも重曹スプレーを吹きかけた上で拭いていくときれいになります。

スリッパを使用している場合は、スリッパもきっちり拭いておきます。最後に、トイレタンク横の洗浄ハンドルや、ドア、ドアノブなど、細かいところも拭いていきます。トイレットホルダーや、タオルホルダーも忘れずに拭いてくださいね。

最後に、ペパーミントのエッセンシャルオイルを加えた重曹スプレーをトイレ全体にスプレーしておくと、消臭効果もあり、すっきりします。

ペパーミントには消臭・殺菌効果があるほか、下痢や便秘にも効くんですよ。他にも、殺菌効果のあるティートゥリーや、鎮静効果のあるラベンダーなども、トイレに合う香りですね。

小皿に重曹を盛ってトイレの片隅に置いておけば消臭剤にもなりますし、そこへエッセンシャルオイルを垂らしておけば、芳香剤にもなるので、よかったら試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事