引越し

引越ししたい!引越し資金はいくらあれば大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150

引越しってお金がかかりそうなイメージがありますが、いったいいくらくらいあれば安心なのでしょうか?

一人暮らしの計画を立てるときにアバウトな計画を立ててしまって、あとになって「お金がない!!」と困ってしまう人もいます。

でも、一度「引越したい」と思ってしまうと、早く引越したくて気持ちが焦ってしまうんですよね……。

焦ってしまったばかりに資金不足で引越してしまうと、必要なものが買えなかったり引越してからの生活費に困ったりしますので、綿密に計画を立てるようにしましょう。

引越しに必要な資金というのは人によって異なりますが、ケースごとにどれくらいのお金が必要なのかを解説していきます。

スポンサーリンク

初めての一人暮らしをする場合

初めて一人暮らしをする場合は、ほとんどのものを一から揃える必要があります。本棚などの多少の家具は今使用しているものをそのまま持ち出すとしても、電化製品はほとんど一から買い揃えることになりますから費用はかさみます。

では、初めて一人暮らしをする人の場合はいくらあれば引越しできるのでしょうか?

お部屋の契約初期費用

まずは物件の契約をするときの初期費用です。
一人暮らしの場合はたいていは単身向けのコンパクトな家を借りると思いますから、家賃も安めです。

賃貸契約にかかる初期費用は「家賃の5~6倍」と言われていますので、家賃が安いほど初期費用も安くなります。
ですから家賃5万円の物件であれば、25~30万円程度考えておくと安心です。

ただ、最近は敷金礼金ゼロの物件も多いので、実際には15~20万円あれば選択肢は限られるものの、お部屋を借りることは可能です。

引越し業者に支払うお金

引越し業者に支払うお金は、引越しの荷物の量、距離、かかる時間によって変わります。

まず荷物の量は、一人暮らしの場合は少ないと思います。特に一人暮らしの場合は、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は新たに購入して直接お店から配送してもらいますから、かなり量は少ないですよね。

次に距離ですが、遠距離になるほど費用は高くなります。
近距離(同一市内)なら赤帽が安いとは思いますが、中距離~長距離の場合は複数の業者から見積もりをとって比べましょう。

かかる時間も距離に左右されますが、それとは別に、平日か土日か、繁忙期かどうかによっても変わります。

参考に、長距離の引越しでヤマトの単身パックの場合、関西~関東程度の距離では3万円あれば大丈夫でしょう。

家具・家電等にかかるお金

初めて一人暮らしをする人の場合、もっともお金がかかるのは家具・家電等です。

まず電化製品。
最低限必要となる電化製品は以下の通りです。

・冷蔵庫
・洗濯機
・電子レンジ
・炊飯器
・テレビ

ただ人によってはさらに掃除機が必要な人や、電子レンジではなくオーブンレンジの方がいいという人もいると思いますから、自分が必要なものを考えておきましょう。
家電量販店では一人暮らしを始める人向けのセットを売っているので、それを買えばかなりお得ですよ。4点セットや5点セットなどいろいろあり、5万円程度で買えるものもありますよ。

次に家具です。
家具で必要となるのは、

・テレビ台
・デスク
・食器棚
・その他収納家具

などですね。
必要となる収納家具は引越し先の収納事情によっても変わると思うので、どれくらいのものが必要か考えてみましょう。

安く上げるなら、カラーボックスがおすすめです。
一段タイプのカラーボックスはテレビ台としても使えますし、800円程度で購入できます。
2~3段のカラーボックスを食器棚として使うこともできますし、その他の収納としても使えますね。カラーボックスと別売りの引き出しを購入すれば簡易なチェストとして使えます。
金額としては、安いものを探せば1万円程度で揃えることもできますよ。
それなりにちゃんとしたものを購入したい人の場合は、10万円程度の予算があれば安心です。

また、他にも調理器具や日用品などこまごましたものを買い揃えるのに1万円程度あれば良いでしょう。

以上、初めて一人暮らしをする人の場合は、長距離の引越しの人で25~30万円あれば最低限の引越しはできます。近距離であればそれよりも2~3万円安く済みます。
また、家具・家電等にお金をかけたい人の場合は50万円程度あればより良いですね。

一人暮らし→一人暮らしの引越し

すでに一人暮らしをしている人が引越しをする場合にかかる費用を考えてみましょう。

その場合はすでに必要なものは揃っているので、費用は安くなると思います。

お部屋を借りるのにかかる初期費用

賃貸契約にかかる初期費用は、初めて一人暮らしをする人と同様の予算を考えておきましょう。

家賃5万円程度の物件を考えているなら25~30万円程度。
敷金礼金ナシなどの安上がりな物件を探すなら15~20万円程度あれば良いでしょう。

引越し業者に支払うお金

すでに一人暮らしをしている人の場合は冷蔵庫や洗濯機などもありますから、荷物の量が多い分引越し費用はかかります。

そして、距離や時間によっても引越し費用は変わります。

ヤマトや日通では「単身パック」がありますが、荷物が多いと単身パックのBOXには入りきらないこともありますから、多めに見積もっておいた方が良いでしょう。

ちなみに、近距離ならやはり安いのは赤帽だと思います。
でも長距離の場合は、ヤマトの単身パックを2BOX手配したとして6万円程度はかかると思っておいた方がよいでしょう。
それなら、通常の引越しで見積もりをとった方が安くなる可能性があるのでしっかり見積もりを取ることをおすすめします。

筆者は九州から関西の引越しで、4万円台になったことがあります。(しかも荷物が少ないとは言えファミリーの引越しです)

その他のお金

すでに一人暮らしをしている人なら、家具・家電に関しては新たに買い足すことは無いと思いますし、その他の生活用品についても揃っていますよね。

ただ、すでに一人暮らしをしている人の場合は荷物が増えすぎたために、モノを処分するためのお金がかかるかもしれません。引越しにともなって処分するものが多い人の場合は粗大ごみの料金がかかることも考えておきましょう。
一人暮らしだから荷物は少ない、と思っている人もいますが、長年暮らしているうちにどんどんモノを増やして普通の単身向けプランではおさまらない人もいますから、荷物の量を減らしておく必要もあるかもしれませんね。

まとめると、すでに一人暮らしをしている人の場合は、長距離引越しで20万円程度あれば最低限の引越しができるということになります。
近距離の場合は15万円でおさまることもありますよ。

費用を抑えるには家賃の安い物件を探すことも大事ですが、家はずっと住むものですからあまりケチケチするのもおすすめできません。
それよりも、引越しにかかる費用を抑える努力をした方が良いでしょう。引越し費用は相場があってないようなものなので、提示された金額でそのまま契約するのではなく、でき限り値下げしてもらった方が良いですよ。

引越しに必要なお金のイメージができたら、その金額を目指して貯蓄に励みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事