お部屋探し

退去時のハウスクリーニング代って、絶対に払わないといけないもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

153

お部屋探しと同時に必要となるのが、現在住んでいる家の解約手続きです。

退去希望日の少なくとも1か月前には退去することを家主に伝えなくてはいけませんが、その際に「ハウスクリーニング代」を請求されてびっくりした!という人は少なくありません。

引越しと言うのはお金がかかるものです。
物件の契約をするときにもまとまったお金がかかりますし、引越し業者に依頼するのにもある程度のお金がかかります。また、引越しにともなって家具・家電を買い替えたり買い足したりと、何かとお金がかかるものです。

そんなときに、ハウスクリーニング代を請求されるのはまさに寝耳に水だと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ハウスクリーニング代は払わなくてはいけないもの?

突然請求されたハウスクリーニング代に、驚くのとともに「そんな話は聞いてない!」と憤慨する人も多いと思います。

では、ハウスクリーニング代は絶対に払わなくてはならないのでしょうか?

契約内容に書かれていれば払わなくてはならない!?

ハウスクリーニング代は、基本的には払わなくてはならないケースが多いです。

別に、法律では「賃貸物件を明け渡すときにはハウスクリーニング代を支払う」とは決まっていません。
でも、「退去時にはハウスクリーニング代を払う」と契約内容に書かれていれば、支払わなくてはなりません。

「そんなことは聞いていない!」と思っても、契約内容というのは「双方が合意」したものですから、その理屈は通用しません。

契約書を確認すれば、たいていはハウスクリーニング代について書かれており、あなたはその契約書について同意しているはずですから払う必要があるということです。(同意していなければそもそも契約は成立しておらず、あなたはそこに住めないはずですからね)

と、ここまでは貸主側の主張ですが、実際には支払い義務はありません。
これは国のガイドラインにもあることなので、裁判に持ち込めばまず負けることはないでしょう。

ただ、実際に裁判を起こすのは大変な労力を要しますし、実際には家主と交渉してみるのが一番です。
その際にはガイドラインを提示した上で、借主が負担する必要はないということを示しましょう。

でも、家主によっては聞き入れてくれないこともありますし、そのためだけにトラブルになって揉め事が長引くのもつらいですよね。
聞き入れてもらえない場合はこちらも譲歩して、はじめに提示された金額の半額で決着をつける、という方法もあります。

これは、はじめの契約時によく確認しておけば防げたトラブルですよね。
前回の引越しのときによく確認していなかったのかもしれませんが、次回からは気を付けるようにしましょう。

契約内容に書かれていなくても請求されるケースもある?

もし、契約内容にその旨が書かれていないのにも関わらず、当然のようにハウスクリーニング代を請求された場合はどうすれば良いのでしょうか?

その場合は、基本的には払う必要はありません。
請求されたとしても、「そういう契約はしていない」「ガイドラインにも書かれている」と拒否することができます。

ただ、契約内容に書かれていなくても、ハウスクリーニング代が必要な場合もあります。

それは、「普通では考えられないくらいに家が汚れている場合」です。
人が暮らすということは、家の中は汚れるということです。

賃貸契約には「原状回復義務」がありますが、それは「借りたときと同じくらいキレイにして返す」という意味ではありません。
年月が経てば当然劣化するものもありますし、人が住んでいれば多少汚れがつくのも仕方がないことです。

問題は、普通に暮らしていただけではここまで汚れないでしょ!?っていうくらいに汚れていたとき。
つまり、全然掃除をしていない場合です。
普通の掃除ではとても落ちないような汚れがこびりついていたり、とても取れないようなカビがついていたり。そういう場合はいくら契約内容に書かれていなくても、ハウスクリーニング代を請求されても仕方ないでしょう。

こんな場合も交渉しましょう!

契約内容にハウスクリーニング代について明記されている場合は、トラブを起こさないためにおとなしく支払って済ませる、という人もいます。
家主との揉め事に時間を使いたくないという人は払ってしまっても良いのかもしれません。

ただ、高額な請求をされた場合はにはしっかり拒否することが大切です。
ハウスクリーニングの相場としては2~3万円程度ですが、それ以上の金額を提示してくるところもよくあります。中には10万円以上の金額を請求してくるところも……。

そういった無茶な請求をされた場合はしっかり交渉しましょう。
国民消費者センターに相談するのがおすすめですよ。

家主は「けっこう汚れてますからね……」なんて言ってきますがそんなこと関係ありません。仮に、多少「これは仕方ないかな」と思う汚れがあったとしても相場以上の金額を支払う必要はないと言えるでしょう。

ちなみに、「この汚れはひどいな」と思う河床が限定的であれば、退去前に自分でキレイに掃除するか、そこだけプロにお願いして掃除してもらえば良いと思いますよ。

ハウスクリーニング代って実際はいくらかかるもの?

ところで、ハウスクリーニング代を負担するにしても、高いお金を払うのはイヤだから、それなら自分で業者に依頼した方がいいんじゃない?と思う人もいると思います。

筆者もそう思って調べたことがあります。

家主や不動産屋さんの説明では、「いくら借主が掃除をしていても、ハウスクリーニングでは換気扇や排水口も分解して見えないところまで掃除するからハウスクリーニング代は必要です」なんて言われます。

でもですね。

実際、そこまでのお部屋の隅々まで徹底的に掃除してもらうには、2~3万程度ではとうてい無理なんです。

ハウスクリーニングの大手ダスキンのホームページによりますと、1DKのお部屋をまるごと掃除してもらうのにかかるのは42,100円。
個人でやっているハウスクリーニング業者では7万円程度でした。

ということは、おとなしく家主にハウスクリーニング代を支払った方が安上がりなんですね……。
家主や不動産屋さんは法人契約などでもっと安くでやってもらえるのでしょう。

ただ、すべての家主がちゃんと業者に依頼しているわけではないだろう、と筆者は疑っています。笑
というのも、筆者が今の家に入居したときにはとてもハウスクリーニングをしたとは思えない状況だったからです。
長らく空き部屋だったようなのでホコリが溜まっていたり多少汚れているのは仕方ありません。でも、入居前に自分で掃除しに行くと、壁やドアを軽く水拭きするだけでべっとりと……タバコのヤニが付きました……。絶対掃除してないですよね?

お風呂やキッチンはキレイだったので、もしかしたら水周りだけをクリーニングしたのかな?と思っています。

ハウスクリーニング代は本来は負担する必要はないとはいえ、実際には知らずに負担している人は多いと思います。ですから、自分が入居したときにも汚れているところがあれば、堂々とクレームを言っても良いと思います。ちなみに筆者は、当時はその知識が無かったので「そんなものかなぁ」と思って自分で掃除しました。今思えば掃除をやり直してもらえば良かったかな、と思います。

みなさんも、退去時のハウスクリーニング代のことだけでなく新居がクリーニングされているかどうかもしっかりチェックしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事