お部屋探し

「家賃の目安3割」は無視!支払える家賃はいくらまで?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

155

お部屋探しをする時には、家賃はとても重要です。

キレイな家に住みたい。
広い家に住みたい。

でも、支払える家賃には限りがありますから、その条件の範囲内で探さなくてはなりません。

スポンサーリンク

では、あなたは家賃はいくらまでなら支払えますか?

「6万円ぐらい?」
「10万円までなら……」

と、なんとなく金額を思い浮かべてみてください。

でも、それに根拠はあるでしょうか?

だいたい、なんとなく、という感じで家賃を決めてしまうと、後になって家賃の支払いに困る可能性もあります。
そこで、支払える家賃はいくらなのか、具体的に計算してみましょう。

今の収入から支払える家賃を考える

家賃は、収入の3割程度に抑えるべきだと言われています。

手取り収入の3割なので、

手取り20万円なら6万円まで
手取り30万円なら9万円まで

ということですね。

でもこれはあくまでも目安です。
家族構成や生活水準によってかかる生活費は変わりますから自分の状況を理解した上で支払い可能な家賃を考えましょう。

たとえば、手取り収入が25万円で、生活費に15万円かかっている場合。
生活費とは食費や日用品代、レジャー費などを含めます。
ということは残り10万円で携帯電話や生命保険の支払い、そして光熱費、家賃を納めなければならない、ということです。

携帯電話と生命保険で3万円かかっているとしたら、残り7万円で家賃と光熱費をおさめなければなりませんね。

だいたい光熱費が1万5千円程度かかっているのであれば、残りは5万5千円です。

手取り25万円の3割なら7万5千円までの家賃が目安ですが、実際にはこの家庭の場合は5万5千円を超えると家計が赤字になります。

賃貸契約の際には審査があって、収入に対して家賃が高すぎる場合は審査に通らないものですが、審査の際には生活費まで聞かれるわけではありません。
つまり、実際には7万5千円の家賃の物件を契約したら家計が赤字になるのに、審査には通ってしまうということです。

ですから、アバウトに考えずに、実際に負担できる家賃の金額を試算しておきましょう。

収入が不安定な人は特に注意!

大企業の正社員、ということであればそんなに収入が変動することはないと思いますが、フリーターであったり、歩合給の仕事をしていたりと収入が不安定な人は、家賃に対しては特に慎重に考えた方が良いでしょう。

バイトを変わって収入が減ったり、契約社員でも契約更新してもらえなかったりと、なにがあるか分からないですよね。

そういったことのためには普段からしっかり貯蓄をしておいて備えておくのが理想ですが、収入が不安定でしかも収入があまり多くない人は、思うように貯蓄もできない場合があります。

そういう人は、今の収入を基準に考えるのは少々危険です。

自分が最低限稼げる金額を知ろう

今の収入を基準に考えていると、危険な場合があります。
今、毎月30万円稼げているからと言って、家賃9万円の家に住んだあとにバイトをやめることになるかもしれません。
そして今度は15万円しか稼げなかったとしたら?とても家賃を支払っていけませんよね。

そこで、「今後転職したとしても最低限自分が稼げるであろう金額」を基準にしてみましょう。

たとえばわたしの場合は、今の家に住むときには「手取り12万円は稼げる」と考えました。
そして、手取り12万円で最低限の埼葛ができるようにするには、家賃は6万円までならOKだと計算しました。何も贅沢しなければ、ということなので、本当に最低限の生活です。

当時の仕事はアルバイトで時給1,000円だったので、毎月120時間は働ける、と踏んだのです。そしてもし仮にその仕事をやめて時給の低いアルバイトをしたとしても、時間をもう少し増やせば十分対応できます。

結局、家賃がもっと安い物件が見つかったので、実際には手取り12万円でも余裕でやっていけるようになりました。親身になって物件を探してくれた担当者に感謝です。

みなさんもこのように考えてみてください。
自分のライフスタイルやスキルなどを考えてみて、いくら稼げるのか。
最低限いくら稼げるのか、ということが分かったらそれから支払える家賃を計算してみましょう。

ちなみにわたしは、今の家に住み始めたころはパソコンも持っていなかったのでこれだけ低い基準で計算できましたが、その後パソコンを購入したり子どもの学資保険の金額を増額したりしたので、今は最低限15万円ぐらい必要です。

でも、この数年間でわたし自身もスキルアップしていますし、子どもも成長してわたしが働ける時間も増えていますから、問題ありません。

家賃は安い方が絶対にいい

みなさん、毎月の家賃はいくら支払っていますか?

わたしは4万5千円です。
安いでしょう?

家賃の相場は地域によって全然違うものですが、わたしが住んでいるエリアで、この安さはお値打ちだと思います。

でも、4万5千円の家賃でも、年間54万円です。

年間54万円も家に対して支払っているんです。
このお金をいくらかでも貯蓄に回せたら、どれだけ良いでしょう。

貯蓄に回さないにしても、もっと家賃が安ければもっとお金を他のことに使えるのに、と思いますよね。

家賃は今の手取り収入や、自分が最低限稼げる金額から算出する方法を紹介しました。
でも、その計算で出た金額よりもさらに安いところを探せば、もっと生活にゆとりが持てるということです。

不動産屋さんでは希望の家賃を聞かれますが、はじめは安めに言った方が良いですね。
はじめから上限金額を言ってしまうと高い物件ばかり紹介されてしまいます。

良い担当者であれば安い物件を紹介してくれることもありますが、たいていは「家賃は6万円ぐらいまでで」と伝えると、6万円ちょうどとか、5万8千円とか、6万円に近い物件ばかりになってしまいます。

家賃の節約で月々1万5千円の得?

わたしは今の家に住むときには、「家賃6万円まで」と思って探していました。希望のエリアがけっこう家賃の相場が高いところだったので、家賃6万円でもはなかなか良い物件はなく、少しボロいところしかないかな、といった感じでした。

でも、とある不動産屋さんに行ったときに、良い担当者に出会うことができました。
子ども(当時4歳)と2人で住む、ということを伝えたところ、
「それならもっと家賃安い方がいいですよね!!」と張り切って探してくださり、希望するエリアではないものの、職場へのアクセスが便利なところで家賃の安い物件を紹介してもらいました。

実際にかかる通勤時間も、当初考えていたエリアと比べても10分ほどしか違わなかったので良かったです。

さらに共益費分の家賃の値引きに成功して、家賃共益費込で4万5千円という家に住むことになったのです。

ということは、当初6万円の家賃を想定していたのですから、1万5千円の差がでました。
食費や光熱費の節約ではなかなか1万5千円は減らせませんよね。
でも、家賃が安いところを選んだだけでこれだけ減らせるんです。

おかげで生活にもゆとりができましたし、お金がこなくて困る、ということもほとんど経験せずに済んでいます。

お部屋探しをするときには、自分が支払える家賃の金額を知って、さらにその金額よりも少しでも安い物件を探してみてはいかがでしょうか?
家賃の節約効果はとても大きいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事