引越し体験談

引越し前後のダンボールやその他のごみはどうやって捨てる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

159

引越しの際には大量のゴミが出ます。

これらは普通にゴミの日に出しても良いのですが、尋常ではない量が出ることもありますから、その処分に困ることもあります。

そこで、ここでは引越しにともなって出る大量のゴミの処分方法について紹介しましょう。

引越し前には大量のガラクタが出ます!!

引越しを機に、「今度こそいつも片付いたキレイな家にしたい!」と考えている人も多いと思います。

スポンサーリンク

長年溜めこんだ不用品を処分するには引越しは絶好のチャンス!
この機会に、どんどん不用品を処分したいところですね。

でも、不用品を処分すると言っても、その量はハンパではありません。

最近の片づけ本でもっともヒットした「人生がときめく片づけの魔法」。
こんまりこと近藤麻理恵さんのこの本には、「片づけをすると最低ゴミ袋30袋は出ます」ということが書かれています。
45リットルのゴミ袋が30個。つまり1,350リットルです。1トン以上のゴミが出るということですね。

そして、1トン分のゴミをゴミ収集の場所に持っていくことになります。置き切れるでしょうか?ゴミ収集所は道路に設置されていることも多く、近所迷惑になることは必至です。

このような大量のゴミはゴミの日に出すのではなく、「引越しゴミ」として出すことをおすすめします。

引越しまでに十分な日数がある場合は少しずつゴミの日に出しても良いのですが、たいていはそんなにたっぷり時間はありません。
ですから、別途「引越しゴミ」として回収してもらいましょう。

引越しゴミの取り扱いは自治体によっても違うと思いますが、たとえば京都市の場合は大型ごみと同様に、事前に電話で予約をして、有料で引き取ってもらうことができます。

ゴミを捨てるのにお金を払うのは悔しいところですが、「今後は不用品を増やさないように買い物は慎重にしよう」と自分を戒めるには良いと思いますよ。

大型ごみについても、有料で回収してもらえます。また、まだ使えるようなものであればリサイクルショップで売るという方法もありますから、捨てる前にリユースできないか考えてみましょう。
ただ品数が少ない場合は出張買取は対応してくれないところも多いので、自分で車で持ち込むしかありません。

お幅にモノを減らすことができればそれだけ引越し料金も安く済みますから、この機会にどんどん不用品を処分してくださいね。

また、家電4品目を捨てる場合はリサイクル料がかかります。家電4品目とはテレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンといった大型の電化製品のことです。不用品回収の業者の中には違法業者もいますが、適正に処分するようにしましょう。

引越し後のゴミはどうする?

引越し後のゴミと言えば、厄介なのがダンボールです。

ダンボールは引越し業者が回収してくれることも多いですが、たいていは期限が決まっています。また、無料ではなく1,000円くらいの費用がかかることもあるので事前に確認しておきましょう。

ダンボールはかさばりますし、いつまでも置いていたところで役に立つこともありません。
なるべく早めに荷解きを済ませてさっさと業者に引き取ってもらうのがもっともおすすめです。

引越し業者で引き取りをしてくれない場合や期限が過ぎてしまった場合は、自分でどうにかしなければなりません。

まず、古紙回収を利用すると良いでしょう。
古紙回収の方法は地域によって違いますが、民間の古紙回収に出す場合はタウンページなどで調べて電話すれば、指定日時に取りに来てくれるサービスもあります。
これなら外へ運ぶ必要はないので楽ですね。

また、自治体によっては古紙回収センターのようなものがあるので、そこへ持ち込むという方法もあります。近所にあれば歩いて持って行けるので良いですね。

古紙回収の方法は自治体ごとに異なるのでしっかり確認しておきましょう。

また、ダンボール以外にも、新たにゴミが出ることもあります。

引越し前にある程度荷物の選別はして不用品は処分しているはずですが、引越し後に荷解きしてみると「やっぱりこれも要らないな」というものがけっこう出てきます。

まだキレイで広々した新居に移ると、あまりたくさんのモノを置きたくない、という気持ちも出てくるので、「やっぱりこれはいらない」というものも多くなるんですね。

これらは、引越し先の自治体のルールにしたがって処分します。
ですから、荷解きをする前には必ずその自治体のルールに従ったゴミ袋を用意しておくのがおすすめですよ。当然、前に住んでいた地域のゴミ袋は使えません。

新たに出たごみはゴミの日に普通に捨てても良いのですが、量が多くなってしまった場合は「引越しゴミ」として別途引き取ってもらうようにしましょう。
以前の自治体とはシステムが違う場合もあるのでその自治体のホームページで処分方法を確認しましょうね。

引越しにともなうゴミはとても多いので、捨てるだけでも一苦労です。
大型ごみを回収してもらうために電話したり、リサイクルショップに持ち込んだりと面倒なことも多いのですが、なんでもかんでも普通ゴミとして出したり、大量のゴミをゴミの日に出したりするのはマナー違反ですよね。

面倒でも、書く自治体のルールにしたがって適正に処理しましょう。そして、今後はこのような面倒くさいことをしなくて済むようになるべく無駄なものを買わないように気を付けることも大切だと思いますよ。

しっかり不用品を処分しきってしまえば新居の収納にも困りませんし、楽しく新生活をスタートできるのではないでしょうか。
不用品の処分は大変ですが、がんばって早めに終わらせましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事