掃除

「おしゃれ着洗い」を粉せっけんでやる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

170

粉石けんを利用した「せっけん洗濯」。

「環境に良いことをしてる人」の気分になれるだけでなく、実際に肌への負担も少ないですし、なにより汚れ落ちが良くて気持ち良いです!

でも、「おしゃれ着洗い」はどうすれば良いの?

おしゃれ着もフツーに石鹸で洗って大丈夫?

なんか生地が傷みそう……。

そう思って、おしゃれ着洗いだけはエマールやアクロンといった専用の洗剤を使っている人も多いのではないでしょうか。

でも、せっかくせっけん洗濯をしているのですから、おしゃれ着洗いもぜひ変えてみましょう!

ここでは、せっけん洗濯でおしゃれ着洗いをする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

おしゃれ着洗いの方法

おしゃれ着とは、つまり「ドライ」マークがついている服のことですね。
こうした服は本来クリーニングに出すべきだとされていたもの。

それを自宅で洗えるようにしたのがエマールやアクロンといったおしゃれ着洗い専用洗剤です。
でも、こうした洗剤を使わなくても、おしゃれ着洗いはできます。
その方法はこのようになっています。

準備するもの

まず、準備するものは、粉せっけんですが、おしゃれ着洗いの場合はより優しく洗うことができる「無添加」の粉せっけんにします。
商品としては「シャボン玉粉石けんスノール」が有名です。

せっけん洗濯に使う粉せっけんは、基本的には「炭酸塩」が入った粉せっけんの方が良いですが、おしゃれ着洗いには「無添加」のものの方が良いんです。(炭酸塩入りの粉せっけんとしては「ミヨシ そよ風」が有名)

粉せっけんを使う場合は、仕上げ剤としてクエン酸があった方が良いです。
普段のお洗濯にも、柔らかく仕上げたい場合は最後のすすぎのときにクエン酸を加えると良いのですが、おしゃれ着洗いの場合は必ず加えるようにしています。
ちなみにお酢でも大丈夫です。お酢のニオイは洗濯すれば飛んでしまいますから心配要りません。とは言え筆者は空間にしばらく漂うお酢のニオイがなんとも言えない気持ちになってしまうので、クエン酸を使っています。ちなみに、粉末ではなく「クエン酸リンス」を使うのがおすすめです。

また、「アルカリウォッシュ」を使う方法もあります。
アルカリウォッシュとは布ナプキンを洗う時にもつかわれるもので、ざっくり言えば「重曹の仲間」で、重曹よりも扱いやすいものです。

と、2種類の洗剤をご紹介しましたが、実は筆者はおしゃれ着洗いもフツーの粉せっけんを使っています。笑
今のところ特に不自由はないので、これで大丈夫かな、と。
ただし、筆者の方法を真似する場合は「万が一失敗しても諦めがつく服」にしてください。
筆者は、あきらめがつく服はせっけん洗濯で、失敗したらめちゃくちゃへこむ!というような高い服は、おとなしくクリーニングに出しています。

手順1:低水位でお湯を張って石鹸を溶かす

まずは通常通り、低水位でお湯をはります。
だいたい40度くらいにしてください。
そして、粉せっけんを入れます。
それから2~3分撹拌して、石鹸を溶かして泡立てます。

ただ注意したいのは、おしゃれ着洗いの場合は水温は30度程度にすることです。
高温だと生地を傷めることになるので、ここは守りましょう。
はじめは40度くらいのお湯を溜めて石鹸を泡立てて、あとは水を足して水温を下げてから洗濯物を入れるようにします。

アルカリウォッシュの場合は溶けやすいので、すぐに洗濯物を入れてもかまいません。

手順2:洗濯物を入れて、ドライコースで洗濯スタート

石鹸を泡立てたら適量まで水を足して、それから洗濯物を入れます。
そして、柔軟剤の投入口にクエン酸リンスを入れておいてください。
ここからは、ドライコースで洗濯をしてください。
それから、言うまでもないことですが、おしゃれ着洗いなのできちんとネットに入れておいてくださいね。

ちなみに、柔軟剤を使わなくても衣類に「いい匂い」をつけたい場合は、クエン酸リンスに少量のエッセンシャルオイル(精油)を垂らしましょう。3~4滴でしょうか。

筆者は香水を使うことがあるので柔軟剤やエッセンシャルオイルは一切使いませんが、衣服の「いい匂い」が好きな人はお気に入りの精油を使ってみてくださいね。

手洗いの場合はどうする?

筆者は、おしゃれ着洗いは手洗いですることが多いです。
毎日洗濯したいタイプなので、一日で出る「おしゃれ着」の量が少ないからです。だいたい1~2着。

それなら手洗いの方が水道代も時間も浮きますしね。

さて、手洗いの場合は、洗面器などを使うわけですが、はじめに少量のお湯を入れて、そこへ石鹸を入れて、指先を使ってシャカシャカと泡立てます。
そして、十分に泡だったら水を足します。

服はきちんとたたんでネットに入れて、それから洗面器の中に入れます。

洗い方は「押し洗い」が基本です。
両手の手の平を使って優しく押します。
押して→少し持ち上げて→また押す、という手順です。
だいたい40回ほど押せば十分です。

そして洗面器の中の洗剤液を流して、衣類は絞らずに、ぎゅうっと押すようにして脱水します。

それからまた洗面器に水をはって、同様に押し洗いの動きをしてすすぎます。
2回目のすすぎのときに「クエン酸リンス」を混ぜて、しっかりすすげば完了です。

ちなみに、手洗いの場合は脱水がどうしても甘くなります。
その方が生地を傷めないので良いのですが、ぼたぼたのまま干してしまうと重みによって服が型崩れしてしまいますから、バスタオルで包んで押すなどして十分に水分を取り除くようにしてくださいね。

干し方は、洗濯表示にしたがって陰干し、平干しなど服に負担がかからない方法で干しましょう。

手洗いは面倒かもしれませんが、前日に着た服を洗うぐらいならまだ汚れも浅いので少々雑に洗っても大丈夫です。

「洗濯は週に1回」など頻度が低い方の場合は、洗濯機で洗った方がキレイになるかもしれません。

おしゃれ着洗いは楽しい!

おしゃれ着洗いは、大切な服を洗うことですから、特に気を遣って洗いたいものです。

ですから少々の手間をかけてでも、丁寧に洗いましょうね。

「普通の衣類は粉石けんで、おしゃれ着はエマール」という人も多いと思いますが、そうすると結局合成洗剤の成分が洗濯槽の中に残っていますから、せっけん洗濯の実力が十分に発揮されません。
でも、100%せっけん洗濯に切り替えると、洗濯物の仕上がりや着心地も変わると思います。

丁寧に洗濯することで服が傷みにくくなるので、お気に入りの服を長く着られるようになりますよ。
おしゃれ着のせっけん洗濯も、ぜひ試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事