住宅ローンの体験談

住宅ローンの借り換えはどんな人にメリットがあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Real estate concept. House and money on scale.

借り換えを検討する価値がある人のポイント

一般的に言われている借り換えのポイントは以下の3つです。

①残高が1,000万円以上ある
②借り換えの金利差が1%以上ある
③残りの返済期間が10年以上ある

この3つを満たしていると、借り換えで総返済額が減る可能性が高いです。

スポンサーリンク

特に借り換えをオススメする人は、旧住宅金融公庫で借りて、2段階金利で上がるローンの人です。

金利が上がるタイミングで、借り換えをした方がメリットは大きいです。

しかし、この条件に当てはまらなくても諦めないでください。旧住宅金融公庫で借りた2005年位までの人は借り換えを検討する価値があります。

リーマン・ショックが2008年9月15日にありましたが、その日を境に金利はガクッと下がりました。

リーマン・ショックより前に借りた人(2008年以前)も1度チェックした方がいいでしょう。

メリットがなければ借り換えなければいいだけですが、メリットがあるのに知らずに払い続けることは、大きな損失になります。
 

住宅ローンの借り換えでいくら位節約できる?

Fotolia_6969480_XS

実際にどのくらいの金利差があればメリットがあるのでしょうか?

現在支払っている金利が3%と仮定して、金額別に残年数10年で計算してみました。

シュミレーション内容

現在の金利3%→金利2.0%に借り換え
残年数10年
借り換えは10年固定
ボーナス払いなし

■残高500万円の場合(借換え費用17万円と仮定)
-102,880円の借り換え効果
5003

■残高1,000万円の場合(借換え費用24万円と仮定)
-305,640円の借り換え効果
10003

■残高1,500万円の場合(借換え費用31万円と仮定)
-508,520円の借り換え効果
20003

こうして見ると、残額500万でも借り換えの効果はあります。

今回は金利1%の差で計算しましたが、金利の差額が大きくなれば、その効果は大きくなります。

残高1,500万円で金利の差2%(3.5%→1.5%)に借り換えの場合、同条件での借り換えの効果は-1,326,920 円です。

金利差2%では金利差1%と比べて約82万円の差があります。

今支払っている住宅ローンの支払い残高や残年数が借り換えの一般的な条件を満たしていなくても、金利差が大きい場合は借り換えを検討する価値はあります。

金利や借入額などによっては支払い総額が1000万円以上変わる事も珍しくはありません。
 

住宅ローンの借り換えはどこに相談したらいい?

Fotolia_42974704_XS

初めてだと『借り換えをしたいけど、どこに相談したらいいかわからない』と迷う方もいるのではないでしょうか。

金利で選ぶなら、ネット銀行がオススメです。

実店舗を持たない分、金利が地銀や都市銀行よりも安めに設定されています。

金利の差が1%違うだけで数百万円変わる事もあるので、金利に関しては広い範囲で比較することをお勧めします。

保証料・繰上返済手数料・団体信用生命保険などが不要な場合もあるので、それだけで数万円から数十万円の節約になります。

ネット銀行は店舗もないから不安に感じる方もいますが、実際にはネット銀行のほとんどが大手企業の傘下です。

ソニー銀行なら大手企業ソニーの傘下ですし、住信SBIネット銀行であれば、SBIホールディングスと三井住友信託銀行が共同設立したネット銀行なので、信用力は地銀や都市銀行と比較しても遜色はありません。

ネット銀行は来店する必要がないので、待ち時間や外出時間も不要です。しかし、ネットに全くなじみがない人にとっては、ネットの手続きが逆に不便に感じる事があるかもしれません。その点はネット銀行のデメリットでしょう。

ネット銀行のソニー銀行では保証料・繰上返済手数料・団体信用生命保険の3つが不要です。(※繰り上げ返済は1万円から)

専任のローンアドバイザーが相談、契約までサポートしてくれるので、ネットの手続きが不安な人にもオススメです。
 

住宅ローンの審査を何社も申込みするのは大変です

ノートパソコンを使う女の子

住宅ローンの審査にはたくさんの審査項目があり、総合的に判断されます。色々比較しようと思っても、たくさんの項目を金融機関ごとに入力するのは大変です。

そこでオススメなのが、ズバット住宅ローンです。

たった一回入力をすれば、住宅ローンを一括で審査申込みできます。一括審査はネット銀行の大手を網羅しているので、時間の短縮にもなります。

審査の申込みが完了してから1週間程度で審査結果が出ます。少しの金利の差が大きな節約につながるので、利用して損はないでしょう。

住宅ローンで失敗しない為には、自分で最新の住宅ローン情報を集め、比較・検討する事をオススメします。

『ズバッと住宅ローン』公式サイトはこちら→
~入力はたった1回!一括審査申込み~ズバット住宅ローン
 

紹介したリンクまとめ

ズバット住宅ローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事