住宅ローンの体験談

住宅ローンと教育資金を解決する『教育資金一括贈与』に注目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

庭で微笑む親子3世代
住宅ローンの金利を安くするにはできるだけ多くの頭金が必要です。

しかし、自分の家が欲しいと思っているうちに住宅ローンの金利が上がってしまうと、その夢はさらに遠のいてしまいます。

そんな人に朗報なのが2014年の税制改正によって創設された『教育資金の贈与税非課税措置』です。

今まで課税されていた「教育資金の一括贈与」が2014年4月1日~2016年12月31日までの期間限定で1,500万円まで贈与税が非課税になります。

例えば1500万円なら470万円の贈与税がいらなくなると言う事です。

1000万円なら231万円の贈与税、500万円なら53万円の贈与税がかかりません。かなり大きい金額ですよね。(計算は国税庁のHPを参照)

スポンサーリンク

どんな人が贈与できるの?

af0150015158
贈与ができる対象となるのは祖父母だけではなく、直系尊属(曾祖父母、祖父母、父母等)も対象になります。

配偶者の直系尊属と叔父・叔母、兄弟からの贈与は対象外です。

教育資金の贈与は子・孫(受贈者)名義の金融機関の口座に一括して支払います。

手続きは教育資金口座の開設等を行った金融機関の営業所を経由して、「教育資金非課税申告書」を税務署長に提出しなければなりません。

500万円までは学校以外でも教育に相当と認められるもの(塾・スポーツ・芸術など)に使う事もできます。

教育資金の使い道は金融機関が領収書をチェックして書類を保管し、子・孫(受贈者)が30歳になる日に口座は終了します。

ここでの注意点は教育資金の贈与であるため、残額があれば贈与税が課税される事です。

あと、領収書を金融機関に持っていく手間はありますが、それで数百万円の節約になるのであれば頑張る価値はあると思います。

kyouiku
※画像は文部科学省のHPから引用

教育資金の一括贈与の手続きなど詳しくは国税庁のHPでご確認ください。

教育資金が浮いた分で早い時期に繰上げ返済をするとどうなる?

af9920042539
繰上げ返済は時期によって効果が大きく変わります。

下記の条件で100万円を繰上げ返済する時期を変えてシュミレーションしてみましょう。

100万円の繰上げ返済をする借入条件

借入元金  3,000万円
ボーナス返済分  なし
借入期間  35年
返済方法  元利均等返済
借入金利  1.94%
期間短縮型 

risoku

子供がまだ小さい内は将来の教育資金を貯める為に、手持ちはあってもなかなか思いきった繰上げ返済はできません。

しかし、この『教育資金の贈与税非課税措置』を利用すれば早い時期に繰上げ返済が可能なので、利息を効果的に軽減できます。

住宅ローンを借入して1年目~3年目まで毎年100万円を繰上げ返済した場合約245万円の利息を軽減できます。

300万円が245万円の節約になるのです。繰上げ返済で効率的に利息を減らす事ができますね。

ちなみに15年目~18年目まで毎年100万円を繰上げ返済した場合は約120万円の利息の軽減になるので、同じ300万円でも125万円の差ができてしまいます。

繰上げ返済が積極的にできる『教育資金の贈与税非課税措置』の効果とても大きいです。

※シミュレーションの金額は、あくまで概算です。正確な金額は金融機関でご確認ください。
 

住宅ローンを少しでも安く支払いたいならネット銀行に注目!

Beautiful young business woman

ローンを選ぶ上で大切なのは、納得いくまで最新の情報を比較してみる事です。

比較する上で重要なポイントは『金利』とその銀行ならではの『サービス』です。

少しの金利の差が100万円以上の差になりますし、手数料も毎月積み重なると大きな出費になります。金利はキャンペーンを利用する事によってお得に借入ができる事もあるので、最新の情報を集める必要があります。

ネット銀行と初めて聞くと、『店舗もないから実態が分からず不安』と感じるのではないでしょうか。

しかし、実際にはネット銀行のほとんどが大手企業の傘下です。例えば、住信SBIネット銀行であれば、SBIホールディングスと三井住友信託銀行(旧:住友信託銀行)が共同設立したネット銀行なのでバックボーンはしっかりしています。

ソニー銀行であれば大手企業ソニーの傘下なので、ネット銀行自体の信用力は地銀や都市銀行と比較しても遜色はないでしょう。

ネット銀行はローンを選ぶうえで重要な『金利』と『手数料』が地銀や都市銀行と比較して安いのが最大のメリットです。

無店舗経営によるコストダウンが可能な為、より有利なローンを提供する事が可能なのです。

例えば、合計3000万円の住宅ローン(35年間固定・元利均等) を組んだとします。金利が1.5%と2.0%の差はわずか0.5%ですがその差は約316万円もの金額になります。

ネット銀行の中には、保証料・繰上返済手数料・団体信用生命保険などが不要の場合もあるので、それだけで数万~何十万もの節約になります。

ソニー銀行は保証料・繰上返済手数料・団体信用生命保険の3つ全てが無料です。(※繰上返済額は1万円から)
 

住宅ローンの審査を何社も申込みするのは大変です

ノートパソコンを使う女の子

色々比較したくても住宅ローンの審査にはたくさんの審査項目があり、それらの項目を金融機関ごとに入力するのは大変です。

そこでオススメなのが、ズバット住宅ローンです。
たった一回入力をすれば、住宅ローンを一括で審査申込みでき、時間の短縮にもなります。

ズバット住宅ローンの参加金融機関は住信SBIネット銀行・SBIモーゲージ・東京スター銀行・ソニー銀行など、大手ネット銀行を網羅しています。

審査の申込みが完了してから1週間程度で審査結果が出ます。少しの金利の差が大きな節約につながるので、利用して損はないでしょう。

住宅ローンで失敗しない為には、自分で最新の住宅ローン情報を集め、比較・検討する事をオススメします。

『ズバッと住宅ローン』公式サイトはこちら→
~入力はたった1回!一括審査申込み~ズバット住宅ローン
 

リンクまとめ

国税庁 贈与税の計算と税率
文部科学省 教育資金の一括贈与に係る贈与税非課税措置
国税庁 祖父母などから教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度のあらまし
ズバット住宅ローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事