資格

介護福祉士の資格を独学で取得しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

32歳専業主婦です。家族構成は旦那と娘の三人家族で、兵庫県に住んでいます。
大学で福祉を学び、卒業後に介護職として5年間、生活相談員として2年間働きました。パートで介護支援専門員の仕事を1年間しました。

何の資格を取得しましたか?

介護福祉士の資格を取得しました。

スポンサーリンク

資格を取得しようと思った理由

介護職として3年間働く中で、介護福祉士の国家試験受験資格がもらえたからです。私の職場では専門学校を卒業して介護福祉士を持っている人や、仕事をする中で資格を取得した人が大勢いました。

資格を持っていることで、福祉分野で活躍する幅が広がりますし、今後福祉の仕事をしていく上で、あった方が良いかなと思いました。

介護福祉士の資格を持っている人を募集している求人もあるので、転職や家庭を持って働いていく上で有利かなと思いました。

また介護福祉士の資格を持っていることで、資格手当が出る職場も多いので、収入アップも狙えるかなと思いました。

さらに今後親や周りが年齢を重ねていく上で、介護が必要になることも考えられるので、その時に備えてしっかり学習して知識をつけておきたいと思いました。

どんな勉強方法でしたか?

資格取得の為には資格の学校などがあるのも知っていました。しかし残業などをしながら忙しく仕事をしていたので、学校に通うのは難しいと思いました。通信講座などもありましたが、お金が必要になってくるので独学で学習することに決めました。

それまでに社会福祉士や保育士の資格を独学で取得していたので、自分で学習するといった方法で試験に受かる自信はありました。

記憶力は良い方で勉強の仕方なども受験や資格試験を通じてわかっているので、マイペースに学習すれば大丈夫かなと思いました。

勉強にかけた手間や費用

介護福祉士の試験勉強の為にテキストや問題集を購入しました。テキストは基礎が載っているような簡単なものを買い、それぞれの試験科目ごとに細かく書いてあるテキストも購入しました。テキスト代は全部で1万円ぐらいの費用をかけました。

問題集については基礎的なもの、応用問題が載っているもの、過去問題と購入して、全部で1万円ぐらいかかりました。費用は合計で2万円ぐらいだったと思います。

勉強にかけた時間ですが、資格試験の10ヶ月ぐらい前から勉強を始めました。仕事前や仕事後に毎日1~2時間、休日には5時間ぐらい勉強をしました。

あまり勉強せずに受けてみるという人も周りにはいましたが、しっかり勉強していない人はやはり落ちていました。

しっかり勉強したらそれ程難しい試験ではないと思いますが、ぶっつけ本番で受けても受かりません。

資格を取得してよかったこと

介護福祉士の資格は働いて4年目に取得しました。その後生活相談員として転職をしましたが、その時に介護の経験があること、介護福祉士の資格を持っていることは評価されました。

デイサービスの生活相談員をしたのですが、介護職の人をフォローして働くこともあり、介護福祉士を持っていることで、周りの人に受け入れてもらいやすかったです。

また結婚して今は仕事をしていませんが、これから就職しようと思った時には、介護福祉士の資格を使えると思っています。

介護福祉士以上優遇という求人も多いですし、資格がない状態で仕事を探すよりも、見つかりやすいと思います。

私の働いていた施設でも、40代ぐらいになっても介護福祉士を持っている人は、正社員の介護職として就職していたので、年齢を重ねても重要がある可能性が高いと思います。

資格を取ったのに不満なこと

介護福祉士の資格を取得して、施設での活躍の幅が広がるかなと思いましたが、周りの人も介護福祉士の資格を持っている人が多かったので、あまり仕事内容は変わりませんでした。

リーダー的な役割をしている人はもっと経験年数が長く、まだ4年目だった私はそういった役割をすることができませんでした。

介護福祉士が少ない職場もあるので、職場にもよるかなと思いました。

これから資格取得しようと思っている方へのアドバイス

介護福祉士の資格はしっかりと勉強をしていれば、誰でも受かることができるレベルだと思います。

若い人から年配の人まで幅広く受けているので、受験資格が得られたならぜひ挑戦した方が良いと思います。

介護業界の中では介護福祉士を持っていることで、ある程度の知識や技術のある人という見方をされますので、働く上で有利になります。

正社員では資格手当がもらえたり、パートでは時給が上がったりすることも多いです。収入面から考えても、この資格を持っておくことで良くなるというメリットがあります。

介護職の質を上げるということが問題となり、ヘルパー2級が改正されるなどの流れがあり、介護福祉士をより多く配置しようとする流れになっています。介護福祉士を求める職場も多いので、需要があり仕事をしていく上で有利です。

特に女性は結婚や出産でそれまでしていた仕事を退職する人が多いですが、介護福祉士の資格があれば年齢を重ねても活躍していけるところが魅力だと思います。

勉強は苦手という人は、資格の学校で勉強をしたり、通信講座などを利用することもお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事