資格

育児をしながら「青少年ケアストレスカウンセラー」の資格を取りました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道在住、30代の専業主婦で、夫、小学生の子供二人と暮らしています。

6年前、「青少年ケアストレスカウンセラー」という資格を取得いたしました。

わたしがなぜ、この資格を取ろうと思ったかというと、学生時代から兄弟のように仲良くしていた友人が、わたしが二人目の子供を出産した直後、自らの手で自分の人生を終わらせてしまったのです。うつでした。

スポンサーリンク

友人がうつだとは全く知らず、その時はお互い離れた場所で暮らしていましたので、連絡を頻繁にとることもしばらくありませんでした。

でも、亡くなった後から友人は「うつ」だったと知り、どうして力になってあげられなかったのだろう、どうして話を聞いてあげなかったんだろうと、わたし自身がボロボロになってしまいました。

そんな時に、たまたまネットで見たのが「ケアストレスカウンセラー」の通信講座でした。

もしかしたら、わたしがカウンセラーの知識があの時にあれば友人を助けてあげることができたのではないか、友人ともっと長く一緒にいられたのではないか、こんなに悲しい日が来なかったのではないかと思い、思い切ってカウンセラーの講座を受けてみようと、資料請求をしたのがきっかけです。

ケアストレスカウンセラーの中には数種類資格があり、職場の人間関係など仕事のストレスや悩みを聞いてあげたり、心の病気を自ら回避する方法や、メンタル疾患を抱えてしまった働く人に対してどういう対応したらよいかを学ぶ「企業中間管理職ケアストレスカウンセラー」や、学校や塾などの人間関係にストレスを感じている子供へのカウンセリング方法や、そんな子供を育てている両親のメンタルヘルスケアをする「青少年ケアストレスカウンセラー」などがありました。

当時わたしは二人目の子供を出産して3カ月くらいしかたっていなかったので、どうせ心の勉強するのなら今からの生活にも役に立つような資格がいいと思い、「青少年ケアストレスカウンセラー」の講座の受講を考えました。

「全教振」という就職や転職の力になる資格取得の専門学校で受講することにするのですが、とにかく、資料請求してからの勧誘の電話がとてもしつこいし、長電話だったのを思い出します。

「生まれたばかりの赤ちゃんもいるし、幼稚園にもいかないくらいの小さな子供もいますから、電話は勘弁してください」と、何度かお願いしたこともありました。ほっておくと4時間も電話が切れなかったこともありました。

でも、当時はこの資格を取れる場所はここしかなかったので、仕方なくここにお願いしました。

費用は講座を申し込んですぐに振込用紙が届き、一括でたしか33万円くらいお支払したと思います。

資格取得までに7カ月くらいしかないのに、すごく高いな~と感じましたが、これからの生活に生かせるなら、将来の仕事にも生かせるならと泣く泣くお支払いしました。

教科書みたいな本が6冊と、その教科書の要約みたいなもののビデオがついてきてお勉強を進めていきます。普通の人なら半年で資格取得できるようですが、わたしの場合は子供が眠っている間にしかできなかったので、他の方よりもゆっくりのペースだったと思います。

内容的には、ものすごく薄いと感じました。一般の方よりもすこし心理に詳しい、心の病気に詳しい、お話を聞いてあげるのが上手になれそうみたいな、広く浅くという印象です。

あとから考えるとわかるのですが、半年でとれる資格ですので、それほど奥深く突っ込んだ専門的な内容であれば、こんなに短期間で取得できるわけがないんですよね。試験も在宅試験ですし。

カウンセラーの資格とは思えないほど甘いです。結局、全部きちんと勉強しても専門知識者ではなく、なんちゃってのカウンセラーという感じです。

資格を取得して良かったとと言えば、カウンセラーの勉強とともに、ADHDなどの病気のことも学んでいたことが、今のわたしの生活にものすごく役立っています。

数年前から小学生に音楽を教える活動をしているのですが、そこにやってくる子供たちの4分の1はADHDの子供です。普通にできること、専門的な知識がないとできないことがありますが、わたしは資格取得の時にかなりお勉強したので、ADHDの子供たちとも今のところ接し方に困ったことはないですし、これは勉強していて良かったなって思っています。

資格取得後の就職先は、スクールカウンセラーになれます、とか、幼児施設で働くことができる資格です、とおいしいことばかり聞いていましたが、実際のところ、この資格を取って就職につながるかと聞かれたら、残念ながらその答えはNOだと思います。

実際そのようなカウンセラーとしての求人は、大体が職業カウンセラーや臨床心理士です。この資格を武器に仕事をしていくのなら、合わせて幼稚園や保育園で働けるような資格を持つと良いのかもしれません。

これからこの資格を取得しようとお考えの方は、もうすこし考えた方が良いかもしれません。

電話勧誘のしつこさと、妙に高い費用と、資格の実用性のなさ、もしかするとこんなに費用を出さなくても同じような心のお勉強のできるところはあるかもしれません。はっきり言って、この資格を武器に就職などを考えている方には、あまりおススメのできない資格です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事